[Pirates 朝倉康心 難しい手を難なく仕上げた話題の一打!!]
Pirates 4
                                  ©︎AbemaTV



こんにちは。今回は、1/23 第1試合 南2局。
U–NEXT Pirates 朝倉康心の塔子選択をご紹介します。
自身は3着目でラス親の場面。打点を伴うアガりが欲しいところ。
この局面で朝倉が下した決断とは…




IMG_1853
                         ©︎AbemaTV
対戦相手は  起家 チーム雷電  瀬戸熊直樹
       南家 Pirates    朝倉康心
       西家 フェニックス 近藤誠一
       北家 風林火山   二階堂亜樹




Pirates
                         ©︎AbemaTV
南2局 親番は朝倉。自身は3着目で2着の近藤とは7,000点差。
トップの瀬戸熊までは10,100点差。
高打点を伴うアガリを必要とする場面。




Pirates 2
                         ©︎AbemaTV 
⬆️ここがこの局面の分岐点!!⬆️
打牌候補としては
①打🀔🀖。間🀕の嵌張塔子を払っての萬子の好形変化や🀋引き。
②打🀆。ドラが🀕ということもあり、タンピン形を目指す。
③打🀊Or🀌🀊🀋Or🀋🀌の両面固定し、🀆を鳴いてのドラの🀕を待つ。




Pirates 3
                         ©︎AbemaTV
考え中…




Pirates 4
                         ©︎AbemaTV
朝倉が下した決断は打🀔による間🀕の見切り。
ドラの間🀕が不安定な形であることや、出アガりが難しいことからこの一打を選択。
ドラの1翻よりー盃口による1翻をつけることにする。
解説の土田「こういった難しい手をやらせるなら、朝倉は天下一品ですから〜笑。
間違わないですから!笑」と絶賛。




Pirates 6
                         ©︎AbemaTV 
この🀔を近藤がチー。朝倉にプレッシャーをかける。
🀇🀞🀡のノベタン待ちのテンパイ。




Pirates 7
                         ©︎AbemaTV
すると次巡、朝倉が🀐を引き入れ見事テンパイ。打🀖で間🀋待ちとする。
朝倉は仕掛けた近藤を降りさせる意味も込めてリーチをかける。




Pirates 8
                         ©︎AbemaTV
11巡目、朝倉は残り2枚の🀋を見事ツモり、高打点を伴うアガりを決めた。
リーチ、ツモ、ー盃口、裏2 12,000(4,000オール)。




Pirates 9
                         ©︎AbemaTV
このアガりで3着目からトップに躍り出る。
ドラの待ちの嵌張塔子にこだわらない見事な選択となった。




Pirates 10
                         ©︎AbemaTV
このままトップを維持した朝倉。
終始、緊張感のある試合となった。




Daiwa Securities
                         ©︎AbemaTV
試合後のインタビューで、「ドラの間🀕っていうのがちょっと不安定な形なので、ー盃口でも同じ1翻、白を仕掛ける場合は、萬子が雀頭になると思っていたので、面前の時は打点が変わらないし、アガりやすさを比較すると間🀋を残したっていう感じでした。🀋に特にいい根拠があったわけではなかったんですが、近藤さんが仕掛けを入れてきたので降ろす意味でもリーチをかけました。そしたら偶然いい結果になったので良かったです笑」と語った。





最後までご覧いただきありがとうございました。
次回もお楽しみ下さい。